<   2017年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

親電、故障

出勤したての時刻に母親から着信があった。変な時刻に電話があると、何かあったのでは?と、一瞬冷やっとする。

内容は、家の電話が、発信はできるが着信ができないと。
たぶん、電話機の故障で、買い直さなくちゃいけないんだろうけど、もしかしたら回線側に問題があるかもしれない。電話機の家側と電話機側に付いているコードを一度抜いてみてと言っても、家側のコードというモノがなかなか通じない。古い家だから、取り付け方が違うのかも?もしかしたらコードを壊してしまうかもしれない。あーだこーだで言っているうち、母の向こう側にいる父のイライラ感も漂ってくる。

こんな時、頼りになる子供が近くに居てあげられない申し訳なさと、なんでもかんでも娘に頼ってくる事へのイライラ感がぶつかって、気持ちの持って行き用に困ってしまった。

それでも、娘が父の日に買ってあげたデジカメを、母が説明書を丁寧に読んで扱えるようになったり、母用に買って送った電動アシスト三輪車だって、説明書読みながら、夫婦二人で協力しあって乗れるようになった。

そんな老いた父と母。

近くに居てあげられなくて、しょっちゅう様子見に行けなくてごめんね。やっぱり、この気持ちのほうがしっくりくる。



[PR]
by dewdrops811 | 2017-10-30 22:18 | 40代日々の暮らし。 | Comments(0)

冬支度

この秋2回目の台風が近づいていますね。
紅葉を楽しむ間も無く葉っぱは散ってしまうのかなぁ119.png

ベランダの植物たちの冬支度をしようと思ったけどこの雨。
なので、リビングの防寒をしました。
ホームセンターで売っているサッシ用のビニールシートを貼りました。霧吹きで水を付けて貼るタイプ。
腰の高さくらい、北と東の2面の窓にそれぞれ貼りましたら、なんだか寒くない101.png
床暖のレベルを2つ下げたけど、室温は2度くらい上がりました。恐るべし、ビニールパワー。

小さい頃、実父が、窓にビニールシートを貼ってました。娘の私は、貧乏くさくて嫌だなぁって思ってたんだけど、大人になるとわかるんですね。

e0343726_16243182.jpg

1週間前と比べて、ヘンリーヅタがだいぶ紅葉してきました110.png



[PR]
by dewdrops811 | 2017-10-28 16:14 | 40代日々の暮らし。 | Comments(0)

箱根で赤富士

派遣社員の勤務がそろそろ終わりに近づいてきました。

有給休暇が8日残っているので、半分の4日を使ってオット実家に帰省する予定で申請していましたが、それがなくなってしまったので、とりあえず、オットの休みと合わせて、近場の箱根へ一泊旅行に行ってきました。

当日朝、食事を終えたオットが、いきなりお腹が痛いと寝込んでしまい、予約した宿を1日ズラしてもらうというハプニングがありました。
しかし、1日ズレたおかげで、赤富士を見ることができました106.png
e0343726_17480261.jpg

朝日を浴びた富士山は本当にキレイでした。
これが一日早かったら、雨雲に包まれて何も見えなかった事でしょう。


ホテルには、中国や北欧系の団体客がたくさんいらしてて、しっぽり朝風呂を堪能する雰囲気は、残念ながら得られませんでした。

食事の時も、食べ残しの多さ、汚さ、落ち着きのなさ。

私はゴダイゴが好きで、夏目雅子が三蔵法師役をした西遊記をよく見ていました。2回ほどフリーで旅行に行った程大好きな国です。
なのですが、日本に訪れたマナーに欠けた中●人の振る舞いは、本当に残念に思います。

インバウンドは良い経済効果をもたらしてはくれますが、旅行客のあまり良くない振る舞いに対して、どう対応したらいいのか、、、、。
その時々で、彼らとコミュニケーションがとれれば、ある程度は解決するのかな。
英語の他に、中国語も話せるようにしなくちゃ!なんて、かってに思ったりした旅でした。



[PR]
by dewdrops811 | 2017-10-27 17:48 | 40代日々の暮らし。 | Comments(0)

久々にざわつく

妊活時代、Twitterで繋がってた妊活友達がいます。実際に2、3回会ったりしてて、私より3つくらい若い彼女は、10年近く不妊に悩まされていました。
妊活の年数は違ったけど、歳も少し離れていたけど、高齢である事と、転院を繰り返し同じクリニックにたどり着いた事で、すぐに意気投合した。

私は5回目のIVFで一度妊娠するも、8週で稽留流産。結果を出せずに卒業か、また転院をするか悩んでいた。その頃の私は、卵はまだ3つくらいはとれていて、2つくらいは受精してくれてた。
彼女は、1つ取れるのがやっとな状態が続いていた。

私が諦めようとしていた頃、彼女は小さな卵を得て、受精→着床までしてくれたが、数値がよくなかった。
もうこれまでかと思ったらしいが、そのコが、なんと今では2歳半。
そして最近、自然妊娠で女の子を出産したらしい。


Twitterは彼女が妊娠した頃からやっていなかったんだけど、たまに、他の誰かがツイートしましたよ的なメッセージが届いていました。今回何気なくアクセスしてみたら、見覚えのあるアカウントが目に留まりました。すぐに彼女だとわかったのですが、わんぱくそうな男の子、産まれたての女の子を背負う彼女の写真を見たら、あの頃が蘇ってきてしまった。

ざわざわざわざわ
ざわざわざわざわ

おめでたいことなのに、何も言ってあげられない自分が情けなかった。
嫉妬している自分が嫌だった。

アカウントを削除すれば、先のようなお知らせが届くことも、胸を締め付けるような思いもすることがないんだろうけど、何故かアカウントを削除出来ないでいる自分も、なんだか、、、、。

もうとっくに切り替えが出来ていたと思ってたけど、甘かった。


[PR]
by dewdrops811 | 2017-10-23 13:33 | ママになりたかった。 | Comments(0)

帰省拒否

台風がきていますね。
秋の長雨って、こんなに長いの?もうかれこれ2週間くらい続けて降っているきがするなあ。

雨が降り続けると、植物たちが病気になりそうで、それが気がかりなこの頃。
今夜から明日の朝にかけて関東に直撃っぽいので、植物たちを狭めのベランダに一時避難させました。

1ヶ月前ごろに、まさかこの時期に台風は来ないだろうと、飛行機を予約してオットの実家に帰省する準備をはじめました。
介護施設に入居した要介護2のオット母を見舞うのと、一人暮らしになったオット父の生活ぶりを見て、あれが必要だ、これは何とかしなくちゃだとか、そんな予測できる色々なことをメモに取りながら、なんか途方に暮れていました。
オットの両親に会うついでに、最後の一泊で結婚5周年をお祝いしようと、少し離れたレジャーランド的な観光地のホテルをオットが予約してくれていました。

で、オットがお父さんに「帰るよ」コールしたところ、帰省を拒否されてしまいました。

遠いのに、何もわざわざ来ることはない。
お母さんはようやく施設に慣れて来た頃、お前たちが来て、また家に帰りたい帰りたいって言うかもしれない。それは可哀想だから、もう少し様子をみたい。飛行機のキャンセル料かかるかもしれないが、帰らんでよか。

お父さんも一人暮らしやけん、どんな暮らしをしてるか、それも見ておきたい。何か不自由してることはなかと?

お父さんはちゃんとご飯も炊いとるけ、何も心配いらんと。
とにかく、帰ってこんでいいから。


頑なに拒否するお父さん137.png

離れて暮らしてる息子夫婦が、たまに帰っても、何も出来ないのはわかってるんだけどね119.png


私の実母は、舅小姑でとても苦労したので、娘の私には、長男とこには嫁に行かせないって言ってたっけなぁ。
結果、長男の嫁になったけど。
オットの両親は、とても子離れしていて自立している。
オットのお父さんが倒れた時も、随分後になってから知らされた。

物理的に距離があるからではなく、地域的なものなのか?はたまた、若い頃からの苦労や育った環境が、そうさせているのだろうか。


オットの実家に帰りたくないお嫁さんって多いと思うけど、私はオットの両親がなんだかとても好き。
自分の両親には無い、理想のお父さん、お母さん像に近い二人だからかもしれない。
もしくは、遠くに住んでいるから、余裕でそんなことを思えるのかもしれない。


いや。
もしかしたら、息子と結婚した嫁。その嫁と結婚したばかりに息子は東京に家を持つ事になり、その嫁と結婚したばかりに、孫を作ってあげられなかった。
そんな嫁の私の、償いの気持ちなのかもしれない。


e0343726_17003100.jpg
台風前のバルコニーの植物たち。


[PR]
by dewdrops811 | 2017-10-22 16:59 | 40代日々の暮らし。 | Comments(0)

キョンキョン

オットに、図書館から本が届いたよメールが来たから、君が本を返すついでに受け取って来て欲しいと頼まれて、受け取ってきた。

小泉今日子著
『黄色いマンション 黒い猫』

オットはいつも硬い内容の本が多いので、可愛らしい装丁の表紙についニンマリしてしまった。

試験日まで読めないから、良かったら先に読んでていいよ。

そんなんで、最近の通勤ラッシュの友はキョンキョン。
誰かのブログだったか何かで、彼女の本に子供を産まなかった事だけが後悔だと書かれてあった云々を読んで、もしかしたらこの黄色いマンションかな?と思いながら。

まだ数ページしか読めていませんが、今朝は、目頭が熱くなってしまった。

キョンキョン。
そんなに大好きなアイドルではなかったし、女優さんとしても素晴らしいと思うけど、心を寄せるほどの対象ではありませんでしたが、なんだかとても好感を持ってしまいました。

この本を借りたオットの事を、
私はまだ半分も知らないんだろうなぁと思うのでした。



[PR]
by dewdrops811 | 2017-10-11 08:58 | 40代日々の暮らし。 | Comments(0)

部長面接

昨日、所属部長に呼ばれて、契約書の内容の説明をうけました。
勤務形態から給与まで、もろもろ。
正社員の前に契約社員として半年勤務する事が、会社の人事規定らしいので、正社員はまだ先になりそうです。

しかし、当面の給与額が提示されたので、正社員になってからの給与もだいたいこれくらいかな?とおおよその想像がつきます。
そうすると、我が家のライフプランにその数字を入力して、定年までのおおよその収入見込み額をはじき出す事ができました。

エクセルの手づくりフォーマットに間違いがなければ、住宅ローンの繰越返済せずとも、老後をそれなりに楽しく送る事が出来るかもしれません。
関数に間違いがなければですが148.png

ダブルインカムって心強いなぁと改めて。
今の仕事、職場に出会えたご縁に感謝です。

ワンちゃん1匹迎える余裕もあるかもなぁ110.png


[PR]
by dewdrops811 | 2017-10-07 22:03 | 目指せ再就職! | Comments(0)

オット、黒い便!?

オットが、変な時刻にトイレに入っている時が度々あったので、どうしたのか訊いた。

ここ2・3日の便が黒いらしい。

ここんとこ、歯の治療で痛みが止まらず、ロキソニンをずっと飲んでるからだろうと。

ネットで調べると、同じような事例がたくさんヒットしたので、少し安堵。

でも、妻はまた胃痛がしてきた。




[PR]
by dewdrops811 | 2017-10-05 08:50 | 40代日々の暮らし。 | Comments(0)

持ち家か賃貸か 3

週末の午後、ベランダの緑たちを見ながら、一人ゆっくりお茶をしていました。

オットのプライベートスタジオも、知らないうちに少しずつバージョンアップしてて、オットも満足気味。

妻は、
来年のベランダガーデニングはどうしよう、ああしよう。
それよりも何よりも、この冬を越すのに、ベランダのどのコらを室内に入れようか。
キッチンの棚も作りたいし、テレビも壁付けにしなくちゃ。
寝室にももう少し収納を作り付けたいなぁ。

そんなあれこれを思いながら、「あー、持ち家でよかった」と思ったのでした。賃貸でももちろん出来ない訳ではないけど、持ち家だからこその安心感があると思うのです。
私もオットも、家を色々いじって自分好みに作り変えたり、飾ったりする事が好きで、その労力も楽しめるタイプなのでしょう。

普通のマンションですが、我が家の両隣に部屋はなく窓を開ければ風が良く通り、隣の敷地の樹々達がわさわさと揺れ、鳥達は夕方になると群れになって帰ってきます。
つがいの鳩が時々ベランダの手すりに止まって、雄の鳩は不思議な動きをして雌の後を追います。
ベランダの外、今は柿が色づき始めていますが、春にはビワの実がたわわになって、春には桜の花でお花見ができます。

風がなければ、バルコニーでランチを楽しんだり、お茶をしてたら鳥の落し物がオットを直撃したこともありました103.png


狭い小さな我が家ですが、二人ともとても気に入っています。
居心地が良すぎて、休日に出かける事が少なくなりました。出かけると言ったら、近所の図書館へ行ったついでに、小川の近くのカフェでまったりするくらい。


住宅ローン返済計画を考えると少し頭が痛いですが、妻の再就職も決まったので、あまり恐れることはないかもしれません。

持ち家か賃貸か。

人それぞれ、家族それぞれ。何が大事で、どんな暮らしをしたいか。それを実現できる住まいであれば、どちらでも良いと思うのです。


なんだかまとまりませんでした105.png



[PR]
by dewdrops811 | 2017-10-02 17:44 | マイホームあれこれ。 | Comments(0)