妻が先立つことに拒否反応

明日、FPさんの2回目の個別相談があります。

ゆとりある老後を迎えるためのライフプランを立てたくて、プロに相談しようと、お金について話し合うようになってから半年くらい経つでしょうか。

マネー本をあれこれ読んだり、セミナーに参加したり、それぞれ証券会社に口座を作って、実際に投資信託をして勉強してみたり。
オットはFP3級を取得したりもして、妻任せだったお金の話を、ようやく同じテーブルで話せるようにもなりました。

ライフプランニングする上で、住宅ローン返済額は1番の課題ですが、生命保険をどうするかにも意識がいっています。
オットが団信に加入しているので、オットに何かあった場合、この住宅ローン返済は解決するのですが、もし、命には別状がないけど介護が必要、仕事もままならない状態になったりした場合を想定すると、団信って、そんなに使える保険ではない?と思うようになりました。

我が家、オットは保険未加入なのです。

一方で、妻側に何かあった場合、それなりの保障のある保険に入っていないと、オットも自滅する可能性もあります。
子供がいないだけ、まだ自滅の可能性は低いでしょうが。

一応、妻は収入保障保険に加入していますが、この保険で良いのかどうか、相談するつもりです。

その、妻側に何かあっ場合を想定した話を、オットと予め話しておきたいのですが、これが厄介。
「今、その話する?」
「眠れなくなるからまた今度!」
「もっと元気なときに話そう。今は疲れているから」

元気な時に切り出すと、
「せっかくの楽しい時間が!」

などといって、怒りだす始末。まったく話が進みません。
私は、残されたオットを案じての切り出しなのだけれど、オットにとっては、向き合いたくない事柄なようです。
まあ、わかる気はしますが、、、。
まったくもってコドモ119.png

どうなる事やら105.png





[PR]
by dewdrops811 | 2017-07-29 22:59 | 老後への備え | Comments(0)