表層性胃炎という診断でした。

5月2日に胃カメラをしまして、
「表層性胃炎」という診断を受けました。

写真も見ながら、簡単な説明だけでした。
また痛くなったら?という問いに、
薬局のお薬で、ガスターとかをのめば、、、的な回答でした。

処方はしてくれないんだ?
なんか、重大な病気が潜んではいないの?
セカンドオピニオンどうしよう?
とか。
色々思いながら、薬局でガスターよりも効き目が弱いという薬を購入して、実家への帰省に備えました。

備えたのですが
3日から6日まで実家で過ごした間、
胃が痛かったことをすっかり忘れていたのです。

あの胃の痛み、
表層性胃炎は、日頃のストレスからきていたのか?
ん?夫がストレスなのか?

まあ、少しはあるでしょうが、
思い当たるのは、
普段の仕事以外に、昨年の10月こら頼まれているお仕事があって、家でする仕事なのですが、メールでのやり取りで返事が無かったり、遅かったりで、多分それがストレスだったんだと思う。
相手が、仕事を通じて知り合った仲の良い友人で、私よりももっと忙しい状況なのはわかっているから、なかなか言いたい事も言えず。
きっとそれなのだ。

もうそのお仕事は受けないのだ。



[PR]
by dewdrops811 | 2017-05-16 18:02 | 40代日々の暮らし。 | Comments(0)